香川県社会福祉総合センターの紹介 施設の概要と特徴


 香川県社会福祉総合センターは、社会福祉活動の中核拠点として、お年寄りや障害をもつ方々はもとより、だれもが気軽に立ち寄り、社会福祉活動に参加できるよう整備された施設で、次の機能を備えています。


 (1) お年寄りや障害をもつ方の社会参加の促進と相互交流を図るための学習・交流機能
 (2) 社会福祉従事者やボランティアなどの養成を図る研修機能
 (3) 健康福祉に関する情報の収集・提供機能
 (4) お年寄りや障害をもつ方などの健康福祉についての相談機能
シンボルマーク


施設の概要 施設の特徴 交通案内 HOME

施設の概要

外観
所在地 香川県高松市番町1丁目10番35号
敷地面積 2,452.87平方メートル
構  造 鉄骨鉄筋コンクリート造、地上7階地下3階、塔屋1階
建築面積 1,762.59平方メートル
延床面積 13,290.82平方メートル
開  館 平成9年4月1日
RETURN

施設の特徴(センター1階)

 当センターは、お年寄りや障害を持つ方をはじめ、お子様連れの方の利用にも配慮した各種の設備や機能を備えており、「香川県福祉のまちづくり条例」に基づく適合施設第1号です。

<< センター1階 >>
センター1階平面図
コミュニティホール 車いす仕様のトイレ 車いす仕様のトイレ 誘導ブロック 誘導ブロック 自動ドア 電話・FAX エレベーター
色付き部分破線で囲まれた部分をクリックすると、詳しい説明がでます。

| コミュニティホール | 車いす仕様のトイレ |

その他の主な配慮している設備
主要な廊下の幅員は、車いすを利用される方同士がすれ違える180cm以上としています。また、廊下の両側には手すりを設置し、床には滑りにくい素材を使用していますほか、廊下、階段等の要所に位置を知らせる点字板を設置しています。
エレベーターには、音声誘導・点字表示・鏡・手すり・車いす用操作盤などの配慮をしています。
耳の不自由な方のために、主要各室に音声伝達システムを設置しています。
主要な出入口は、軽量引き戸または自動ドアとし、幅も85cm以上と広くしています。
1階総合案内板、各階エレベーター前の案内板に点字の表示をしています。
RETURN

交通のご案内

地図
JR高松駅より 徒歩約15分

ことでん瓦町駅より 徒歩約10分

高松空港より
空港直行連絡特急バス(リムジンバス)約35分

地下有料駐車場 約55台収容可能
(25分100円)

RETURN

HOMETOP