福祉ライブラリー 福祉ライブラリー今月のおすすめ



おしりたんてい かいとうと ねらわれた はなよめ/トロル/ポプラ社/児童書

   おしりたんていの事務所に突然現れた謎の依頼人。その正体をたちどころに見抜いたおしりたんてい。謎の依頼人が持ち込んだのは、なんと怪盗Uからの予告状!いにしえからの、結婚の儀式に隠されたお宝を怪盗Uから守るため、今回もおしりたんていの名推理が冴えわたります。迷路や絵探しなど、おしりたんていと一緒に謎を解きながら、真実にせまる本格的推理読み物シリーズです。


日本の365日を愛おしむ −毎日が輝く生活暦−/本間美加子/東邦出版/社会科学

   四季から二十四節気、七十二候、そして365日。自然の恵みと季節の巡りに感謝し、四季折々のお祭りや年中行事、暮らしに色を添える花鳥風月、旬の食材を楽しむ生活暦が1年分収録されています。かけがえのない「今日」を大切にする新時代の生活暦です。


認知症の人がパッと笑顔になる言葉かけ/右馬埜節子/講談社/高齢者福祉

   認知症の人、家族、介護職―。みんなが心地よく過ごすには、どうすればよいのでしょうか?認知症の人はいつも不安で、混乱しやすくなっています。その不安を解消すれば、介護はうまくいくのです。本人も介護者も、みんなが笑って明るくなる―。本書では、そんな言葉かけや接し方が詳しく解説されています。


休日が楽しみになる昼ごはん/小田真規子:料理,谷綾子:文/文響社/技術・産業

   昼下がりの釜玉うどん、卵だけサンドイッチ、解放ハンバーガーなど、お金や時間をかけなくても、自分で手軽に作れるお昼ごはんのメニューとレシピが、豊富な写真とイラストで紹介されています。休日のお昼ごはんが楽しみになるヒントが満載の一冊です。


彼女たちの場合は/江國香織/集英社/文学

   「これは家出ではないので心配しないでね。」14歳と17歳、ニューヨークの郊外に住むいとこ同士の礼那と逸佳は、ある秋の日、2人きりで“アメリカを見る”旅に出ました。長距離バスやアムトラックを乗り継いで、ボストン、メインビーチズ、マンチェスター、クリーヴランドと2人の旅は続いて…。美しい風景と愛すべき人々、そして「あの日の自分」に出逢える長編小説です。


シング/発売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント/DVD(カラー・108分)

   粋なコアラのバスター・ムーンが所有する劇場は、その活況も今は昔、客足は遠のき借金の返済も滞り、今や差し押さえの危機に瀕していました。そんな状態でもあくまで楽天的なバスターは、劇場にかつての栄光を取り戻すため世界最高の歌唱コンテストを開催するという最後の賭けに出ることに…。欲張りで自己チューなネズミ、歌唱力抜群でも超絶シャイな10代のゾウ、25匹の子ブタの世話に追われる母親など、自らの未来を変える機会となることを信じて、多数の応募者がオーディションに集まってきて…。
 
birth



ご利用案内福祉ライブラリー・NEWSHOMETOP