福祉ライブラリー 福祉ライブラリー今月のおすすめ



おしりたんてい ププッ ゆきやまのしろいかいぶつ!?/トロル/ポプラ社/絵本

   山奥のスキー場から、おしりたんたいのもとに依頼が届きました。なんと、スキー場にでるという、怪物を見つけてほしいというのです。本当に、雪山に怪物がいるのでしょうか?おしりたんていが、怪物のひみつにププッとせまります!また、絵さがしや、迷路など、たくさんの謎が隠されていて、何度読んでも楽しめる内容になっています。


学校では教えてくれない 江戸・幕末史の授業/井沢元彦/PHP研究所/歴史・地理

   江戸時代において「朱子学の導入」は見落とされがちな政策ですが、260年後の幕末にとんでもない結果を招きます。また、鎖国政策の裏側、「生類憐れみの令」の本当の理由、「五箇条の御誓文」の謎など、教科書ではわからない歴史の真相にせまります。


イラストでわかる 疲れないカラダの使い方図鑑/木野村朱美/池田書店/保健・医療

   年齢を重ねるごとに「疲れやすい」「疲れがとれない」と感じ、年のせいだとあきらめていませんか?自らの思い込みにより「疲れる動き方」を選択してはいませんか?本書は日常の中で「つらい、しんどい」と感じることを取り上げ、カラダ本来の構造に照らし合わせながら、「疲れないカラダの使い方」をイラストでわかりやすく紹介しています。


行正り香の家作り ヒュッゲなインテリア/行正り香/講談社/技術・産業

   日本人は「衣食住」と言いますが、デンマーク人にとっては「住・食・衣」。デンマーク人にとっていちばん大事なのは、どんな家でどう過ごすかという事なのです。そしてデンマークならではの“ヒュッゲ”という言葉は「人と人を結ぶ、心地よく温かい空間や時間」を意味します。2017年に「日本・デンマーク国交樹立150周年記念」の親善大使に選ばれた著者が、心地よさに溢れた家作りと暮らし方を、豊富な写真とともに提案しています。


ベルリンは晴れているか/深緑野分/筑摩書房/文学

   戦争に敗れ、米ソ英仏の4カ国統治下におかれたベルリン。ソ連と西側諸国が対立しつつある状況下で、ドイツ人少女アウグステの恩人にあたる男が、ソ連領域で米国製の歯磨き粉に含まれた毒により不審な死を遂げます。米国の兵員食堂で働く彼女は疑いの目を向けられつつ、彼の甥に訃報を伝えるべく旅立ちます。しかしなぜか陽気な泥棒を道連れにする羽目になり…。第二次大戦直後のドイツを舞台に圧倒的スケールで描かれた歴史ミステリー小説です。


介護スタッフの接遇マニュアル/制作:著作 日本経済新聞出版社//DVD(カラー・45分)

   介護が必要な高齢者への接遇は、忍耐力、コミュニケーションスキル、言葉使い等、レベルの高い接遇技術が必要です。加えて介護宅訪問、家族への対応など様々なケースが想定されます。本DVDは現場から寄せられた事例を基にミニドラマや、ケーススタディを通して、対応方法がわかりやすく解説されています。介護スタッフとして働く意識とマナーがしっかり身につき、コミュニケーション能力が高まる映像教材です。
 
birth



ご利用案内福祉ライブラリー・NEWSHOMETOP