長寿社会部 長寿社会部


お問合せは

(公財)かがわ健康福祉機構 長寿社会部
〒760-0017 高松市番町一丁目10番35号
TEL 087(863)0222(長寿大学) 087(835)3152(グループ団体)
FAX 087(863)0090

ねんりん家族  にこやかで、ほのぼのとしたこの「ねんりん家族」は、 深い心の年輪を重ねもった「いきいきじいさん」をはじめ 「のびのびばあさん」「もりもり父さん」「しゃきしゃき母さん」 「はきはきちゃん」「すくすく君」の三世代が、 森の奥深くであたたかく、 アットホームに暮らしている木の精霊たちをイメージしています。 かつて開催されていた「香川ねんりんピック」においても、 シンボルキャラクターとして、県民に親しまれていました。

長寿社会部の基本目標

1「喜びあえる長寿社会づくり」に関する啓発普及
2 高齢者の健康と生きがいづくり活動及び地域活動の推進
3 高齢者の社会参加活動を推進するための指導者育成
4 仲間づくりの支援
5 介護実習・普及事業
6 介護機器普及・相談事業

(公財)かがわ健康福祉機構長寿社会部は、高齢者の方々の健康づくりや生きがいづくりを支援し、 「喜びあえる長寿社会かがわ」の実現を図ることを目的にして 平成元年に(財)香川県長寿社会センターとして発足しました。 具体的な事業展開として

(1)全国健康福祉祭(ねんりんピック)への選手等の派遣
(2)かがわ長寿大学の開講
(3)高齢者の仲間づくりの支援
(4)グループ団体体験講座の実施
(5)福祉用具展示場の運営

などを行っています。



全国健康福祉祭(全国ねんりんピック)への参加

全国健康福祉祭「ねんりんピック」は、各県を巡回開催し、 平成28年度で第29回目を迎えます。 本県からも各種目別代表が毎年積極的に参加しています。

●開催時期:毎年秋
●参加種目及び人員:18種目130名程度
●開催状況

第1回 昭和63年 兵庫県・神戸市
第2回 平成元年 大分県
第3回 平成2年 滋賀県
第4回 平成3年 岩手県
第5回 平成4年 山梨県
第6回 平成5年 京都府・京都市
第7回 平成6年 香川県
第8回 平成7年 島根県
第9回 平成8年 宮崎県
第10回 平成9年 山形県
第11回 平成10年 愛知県・名古屋市
第12回 平成11年 福井県
第13回 平成12年 大阪府・大阪市
第14回 平成13年 広島県・広島市
第15回 平成14年 福島県
第16回 平成15年 徳島県
第17回 平成16年 群馬県
第18回 平成17年 福岡県
第19回 平成18年 静岡県
第20回 平成19年 茨城県
第21回 平成20年 鹿児島県
第22回 平成21年 北海道・札幌市
第23回 平成22年 石川県
第24回 平成23年 熊本県
第25回 平成24年 宮城県・仙台市
第26回 平成25年 高知県
第27回 平成26年 栃木県
第28回 平成27年 山口県


かがわ長寿大学の開講

高齢者が仲間づくりや知識、教養を身につけながら、 自らの生きがいと健康づくりを図るとともに、 長寿社会を担う地域社会での実践的な指導者を養成するために、 2年制の「かがわ長寿大学 高松校・西校」を開講しています。

【種別概要】
高松校 1年 192名 年間26日程度
高松校 2年 192名 年間26日程度
西校 1年 102名 年間26日程度
西校 2年 102名 年間26日程度


高齢者の仲間づくりの支援

高齢者が趣味や興味を同じくする仲間と活動を行うことが、 健康や生きがいづくりに役立つことから、 高齢者の仲間づくりに関するサークル立ち上げの援助や 各種情報収集・調査分析・情報提供を行い、 高齢者が仲間づくりを行う支援を行います。

里山歩き(香川里山歩き友の会)


グループ団体体験講座

小・中・高・大学生等を対象に、 高齢者疑似体験や福祉用具展示場などの見学により、 高齢者の心身の状況を知り、 高齢者とのかかわりや生活環境について考え、 行動する講座「グループ・団体ふれあい体験講座」を実施します。 また、各種の団体や県民の方々のグループに対しても同様な講座を実施します。 さらに、より生活場面に密着した体験をする目的で、 希望する学校や地域へグッズの貸し出しを行います。 また、出前講座として、職員(インストラクター)を派遣し、 成人用グッズを活用した講座を実施します。


福祉用具展示場

福祉用具展示場は、より県民のニーズに対応した展示内容にするとともに、 福祉用具専門相談員を配置し、 常に福祉用具等について助言が受けられる体制とし、 利用しやすい展示場とします。


HOME